Photo Gallery

ええ~もっとアップで見たいと言うご要望にお答えして...
20071029234124.jpg

この髪型は歌舞伎の鬘に合わせて「元禄の土佐絵」という形に結っています。
元禄島田と呼ばれる場合もありますが、本来の元禄島田とは違い、
当時の髪型と言う事でもなく、元禄風な...といった意味があり、
歌舞伎等では藤娘専用といった髪型です。

さて、リカちゃんのような小さな人形の場合は結い方の微妙な変化はあまり効果がないので、髷はつぶし島田に結い、髷に紅白の丈長を掛けて、板ジケを付け変化を付けます。
ちなみに掛け物(髷の飾り)は役者さんによっては鹿の子や銀糸を掛ける形もあります。
20071029233010.jpg

髪飾りは藤棚の摘み簪、漆塗り蒔絵の櫛と琴路、紋付のビラビラ簪です。
結髪の授業では摘み簪もカリキュラムに入れていますので、
一から作る事もありますが、今回は昭和時代の日本人形用の摘み簪を使ってみました。
櫛と琴路は自分で蒔絵風に加工してみましたが、
我ながら満足な出来映えに仕上がりました~^^/
20071029234307.jpg

ええ個展迄もう少しですが...
先週末から3連ちゃんの徹夜で^^;
以前からご要望の多かったポストカードの撮影を行いました!
今回は新作の撮り下ろしで、代表的な歌舞伎舞踊から題材を取り、
リカちゃん用にアレンジしながら作ってみました。
日本人形や踊りの会なんかでは良く目にするポピュラーな演目ですが、
本来のストーリーや設定には奥深いものがあります。
ではエントリー中のベストショットから簡単な解説を交えて一足お先にお目見え~
で!実物は是非個展会場でご覧下さいませ m(_ _)m


まずは『藤娘(ふじむすめ)』
藤の様に美しい娘として踊る場合と、
藤の精霊として踊る場合で衣装や演出も様々です。
歌舞伎の本名題は『歌へす歌へす余波大津絵(かえすがえすなごりのおおつえ)』
20071027164407.jpg


次は『道成寺(どうじょうじ)』
「梅とさんさん桜ばな...」と三段の振り出し笠で踊る場面です。
安珍清姫の物語を題材にした能の『道成寺』が元となった女形舞踊の大曲で、
歌舞伎の本名題は『京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)』
20071024195245.jpg


その次は『汐汲(しおくみ)』
これも能『松風』を元にした舞踊で、一見お姫様のような衣装ですが、
実は在原平行の形見の烏帽子と狩衣を着て舞う海女の姿です。
歌舞伎の本名題は『七枚続花姿絵(ななまいつづきはなのすがたえ)』
20071026131053.jpg


そして今回のDM用にも使用した『八重垣姫(やえがきひめ)』
歌舞伎では上杉謙信の息女という架空の設定...
死んだと思っていた恋人の武田勝頼の為に「法性の兜」を掲げ、
諏訪明神の御加護を受け恋人に窮地を知らせる。
やがて上杉と武田の不和がとけて、兜は正式に武田家に戻り勝頼と八重垣姫は結ばれる。
歌舞伎の本名題は『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』
20071027164937.jpg


最後は『手習子(てならいこ)』
一面菜の花や桜が咲き乱れる華やかな舞台で、
寺子屋の帰り道にあどけなくもおませな下町娘が蝶と戯れる...
簡単に言えば小学生が学校の帰りに道草(笑)
まさにリカちゃんにピッタリの役柄!?
歌舞伎の本名題は『杜若七重染衣(かきつばたななえのそめぎぬ)』20071024162602.jpg

WHAT'S NEW?