『2011 手づくりめっせ in KYOTO 』レポートその4

 28, 2011 05:39
えぇ~京都から帰って一週間程経ちましたが、
残務整理とか荷物の整理とかにまだ追われてます

さて、今回の作品群を展示したメインステージは十数メーターと広々した壁面でしたので、
前々から一度やってみたかった社名やメーカー名のロゴを市松状にレイアウトした壁紙とか、
横巾いっぱいの大階段(三段ですけど)に袖パネルとか、あれこれわがままリクエストを提案したんですが...
なんとすべて受け入れて下さり、人形どころか人間が居並べる強度で、
そのまんま記者会見とか製作発表とかが出来る実に立派なセットを組んでいただきました。

その段上には同じく特注で作っていただいたスタンドに
個々の作品のイメージに合わせた装飾をしましたが、
これが想像以上に壮観で二日間で取り壊してしまうのはもったいなくて、
全部持ち帰りたいくらいでした。実際施工担当の業者さんからは
「廃棄処分になるので、全部差し上げますよ~」と言われたんですが...
さすがにテイクアウトは無理なので断念

まあこうゆうものは何十年も経って味が出るとかいうものでなく、
生け花の様に何れは朽ちていくものですから...

ってことで小さいですが記録用スナップをどうぞ~

スタント#12441;55
二段目向かって左端のペアはジェニー誌94年春号掲載のオランダスタイルのリナ&レイフ
レイフの茶髪は当時はまだ植毛用のサランなど売ってなかったので、
安価なドールから抜き取った髪を数日かかって手植えしました
あ、スタンドの仮面が落ちてる...

スタント#12441;56
中央の白黒リボンのイライザはまだジェニー誌の一読者だった頃に友人に頼まれて作ったもので、今回の展示作品中では一番古い作品です

スタント#12441;57
今回DECOLさんとのコラボレーションでオリジナルiPhoneステッカーにもなった中央の傾城姿のジェニーは
こちらのひとから里帰りで同行してもらいました

スタント#12441;58
二段目で紅葉に彩られたお姫様なジェニーもオリジナルiPhoneステッカーやポスター等になりました
下段中央の舞妓姿のラブジェニーは今回のイベントに合わせて京都をテーマにした新作です。
次回クローズアップしてご紹介します

スタント#12441;59
装飾もタイトルも薔薇!伝家の宝刀『バラベルサイユ』は著書ジェニーNo.16の表紙を飾りました
現在は母の管理下にありますが、ことあるごとに出張してもらってます

スタント#12441;60
おなじく薔薇で飾られたベルサイユな令状と貴婦人は実はロザリーとポリニャック夫人との噂有り...
んで最上段のレインボーな方は「幸子さん」でも「ひばりちゃん」でもなく
「パイナップルの女王」をリスペクとしてますこのキーワードでピンっとキタ貴方にはあげます

スタント#12441;61
装飾スタンドのアイディアで真っ先に思いついたのがこの毛糸玉でした。
巻いてる毛糸はヴォーグ学園東京校『青い鳥』で売ってます~

市松1
ああ一つ心残りなのは人形を飾る前に段上で記念撮影し忘れたこと...

なので!こういった設えをこれからも作っていただける様に、まだまだ精進しなくては


ではまた~

WHAT'S NEW?