ブログペットのパンダにちなんで?!

 18, 2007 10:05
おはようございます~

さて、昨日は週末ということもあり、
画廊のある中野ブロードウェイは、
大勢の方々が詰めかけます。
なので、通りすがりの方も次々覗きに入ってこられます。
もちろんリカちゃん目当ての方も沢山いらして下さいますが、
中でも御年10歳の筋金入りのリカちゃんマニアの男子には
さすがの僕も押され気味でした(爆)
まあ僕らの子供の頃は今とは世間様の見る目も違い、
男の子が女の子向けのおもちゃ売り場に居るだけで
好奇の目どころか犯罪者の様に扱われ、
うっかり購入現場を目撃でもされたもんなら
明くる日はクラス中のさらし者...
幼稚園時代に一緒にリカちゃんで遊んだ女子にいたっては
手の裏返した様に過去のアレコレを暴露~!
世が世ならイマジンと契約して過去に戻って...(以下省略)

さて、そんな僕が生まれ育った高度成長期の日本は、
欧米文化が様々な分野に一気に入って来ました。
特に衣食住の変化は目覚ましく、中でも『衣』にいたっては、
それ迄着物中心の生活から洋服の頻度が高まり、
もちろん着物そのものにも新風が吹き、
ウールや化繊、ラメ、レース等の洋服生地を使った
新しい感覚の着物が次々に考案され、
当時のハリウッド女優が着たタイトなドレスや
チャイナドレスの様なシルエットになるように
衣紋の抜きを少なめにしてシャツカラーの様に襟元を詰め、
帯巾もサッシュベルトの様に細めになり、
着物の身巾もウエストを締めて腰から膝は裾窄まりにと、
独特の仕立てや着付けが生まれました。

んで今回の個展のテーマがリカちゃん誕生40年ということと
丁度昭和30~40年代の着物をあれこれ調べていた事もあり、
そんな時代の象徴として当時流行った『白黒のキモノ』を数点展示してみました。

では、これから画廊に行って来ます~^^/

sirokuro1.jpg

sirokuro2.jpg

sirokuro3.jpg

sirokuro4.jpg

WHAT'S NEW?