節分のおばけ

 06, 2009 02:17
花柳界では節分に仮装をしてお座敷に出る
「おばけ」という風習がありますが、
そのものズバリのお化けの格好をするのではなく、
物語の登場人物や世相を反映したモノ等、
普段のお座敷着とは違う、
趣向を変えた扮装で歌舞をご披露します。
踊る曲も流行のもの等を使う事も有って、
僕が担当したこの15年間には...
紅白豪華衣装歌手あり、宮崎アニメあり、マツケンサンバあり
かなり自己規制しながらもド派手なモノを提案したつもりでしたが、
いや~大御所のお姐さんのお話によると、
先人はもっとスゴかったようで、
動物の着ぐるみやベルサイユのばら風衣装等
そんな格好で花街を行き交う姿は
まさに「おばけ」そのものだったとか...

んで今年のテーマは『エコ』と決めつけ
踊る曲も代表的な歌舞伎舞踊の美味しいところを
メドレー風に連ねた構成でしたので、
衣装は色違いの無地の引き着に棒縞の帯を短めの振り下げに締め、
お正月の鬘を手柄や丈長でシンプルな娘姿にアレンジしました。

では初日を明日に控えての衣装や鬘、
小道具を付けてのお稽古風景等...
※ちなみに今日は皆さんほぼスッピンです

勢獅子2 のコピー
最初は『勢獅子(きおいじし)』で裾を端折り花笠を背負って、
牡丹の扇を手にした江戸の祭風情の鯔背な踊りです。

手習子4 のコピー
ここからはソロパート~まずは『手習子(てならいこ)』~
梅と椿柄の絵日傘に手習双紙がお決まりの小道具ですが、
絵日傘はお座敷で踊るので舞台で使うものより小降りです...。

娘道成寺6 のコピー
続いては『娘道成寺(むすめどうじょうじ)』~お座敷で踊るので
本来使う三枚の振り出し笠でなく桜の付いた花笠を手に...。

藤娘 のコピー
そして『藤娘(ふじむすめ)』~鬘に藤の簪を付け、
これも本来黒の塗り笠で踊る場面を藤の手拭を使った振りで...。

三番叟2 のコピー
最後は『三番叟』~薄物に鶴の描かれた「素襖 (すおう)」を付けて、
手には松竹梅をアレンジした鈴を振り鳴らしながら踊るお目出度い出し物...。

かつら9 のコピー
ってことで、鬘の画像でバッハハーイ~


WHAT'S NEW?